[Software]postman

API検証時によく使うpostmanツールについて共有します。

以下のURLでダウンロードする。

https://www.getpostman.com/downloads/

今回はREST API JSONでGETコマンドで確認しました。

タブ「New」選択→「Request」選択する。

Request Nameを登録する。

例えば、RequestTest

「GET」選択する。GETは該当サーバから必要な情報を取得時に使います。

※注意点

「GET」はParameterが存在する場合には、「POST」を使う。

例、GETはURLに付加してリクエストします

  • GET: /test/test1?p=……..&u=………

例、POSTはBodyに含めてリクエストします。

  • POST: /test/test1
  • param:p:………..,u………

End  Pointを入力します。

例えば、https://xxx.xxx

必要に応じじて、以下を登録する。

・Params

key = xxxx

・Authorization

例えば、Basic Auth

Postmanでは、Basic Authは64 Encodeします。

・Headers

・Body

 

用意ができたら、「Send」ボタン押下する。

正常であれば、画面下の「Response」欄にBodyの内容が表示される。

投稿者: kinkun

保有資格 Salesforce Certified Platform App Builder T Salesforce Certified Platform Developer I Salesforce Certified Platform Developer II Salesforce Certified Administrator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。