[Salesforce]監視debugレベル

Salesforce開発時に監視debugレベルによって監視したい範囲を絞ることができる。

今回は、debugレベルは以下にした。

「 Apex コード」レベルのみを「INFO 」にて、その他のカテゴリはすべてなしに設定することで、余計な監視情報を表示しないで、監視したい情報を絞ることができます。

<カテゴリ> <レベル>
データベース NONE
ワークフロー NONE
入力規則 NONE
コールアウト NONE
Apex コード INFO
Apex プロファイリング NONE
Visualforce NONE
システム NONE
Wave NONE
Next Best Action NONE

ApexでのDebugコードは以下にした。

System.debug(LoggingLevel.INFO, ‘—-debugData:’ + debugData);

投稿者: kinkun

保有資格 Salesforce Certified Platform App Builder T Salesforce Certified Platform Developer I Salesforce Certified Platform Developer II Salesforce Certified Administrator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。