[Salesforce]TestVisible アノテーション

TestVisible アノテーションにつついて紹介します。

TestVisible アノテーションを使用すると、テストクラス外にある別のクラスの非公開メンバーまたは保護メンバーにテストメソッドからアクセスできるようになります。これらのメンバーには、メソッド、メンバー変数、内部クラスが含まれます。このアノテーションは、テストを実行する目的でのみ、権限の高いアクセスレベルを有効にします。このアノテーションによって、非テストクラスからアクセスするメンバーの表示が変わることはありません。

このアノテーションでは、メソッドのアクセス修飾子やメンバー変数にテストメソッドでアクセスする場合に、それらを public に変更する必要はありません。たとえば、外部クラスに対して非公開メンバー変数を表示せずに、テストメソッドからアクセスできるようにする場合は、TestVisible アノテーションを変数定義に追加します。

この例では、非公開クラスメンバー変数と非公開メソッドに TestVisible アノテーションを付加する方法を示します。

public class TestVisibleExample {    
// Private member variable    
@TestVisible private static Integer recordNumber = 1;     
// Private method    
@TestVisible private static void updateRecord(String name)
 {        // Do something    }
}    

上記のクラスを使用するテストクラスを次に示します。アノテーションが付加されたメンバー変数とメソッドにアクセスするテストメソッドが含まれています。

@isTest
private class TestVisibleExampleTest {    
@isTest static void test1() {        

// Access private variable annotated with TestVisible        

Integer i = TestVisibleExample.recordNumber;        

System.assertEquals(1, i);         

// Access private method annotated with TestVisible        TestVisibleExample.updateRecord('RecordName');       

 // Perform some verification    

}

投稿者: kinkun

保有資格 Salesforce Certified Platform App Builder T Salesforce Certified Platform Developer I Salesforce Certified Platform Developer II Salesforce Certified Administrator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です