[Salesforce]Visual Studio CodeでのApex PMD使い方

Visual Studio CodeでApex PMDの使い方について共有します。

PMDとは、ソースコードの解析を行い、無駄な変数、ループ、条件式などバグの原因となる可能性のあるコードの判定を行っているツールです。

Apex PMDはApexコードでソースの分析を行ってくれるExtentionです。

・Apex PMDインストールする。

Visual Studio Codeの「Extentions」にて「Apex PMD」をインストールする。

インストール後、画面右下のステータスバーに「Apex PMD」の文字が表示されるようになります。

例えとして、以下のテスト用クラスを作成して保存してコミットします。

コミット後、画面に右下の「Apex PMD]の横にワーニング表示が表示されます。

そしえ、「Problems」のところにワーニング内容が表示されまます。

Apex classes should declare a sharing model if DML or SOQL is used (rule: Security-ApexSharingViolations)

該当箇所:public class testClass {

修正案:public class testClass {

上記の修正案によって、該当ワーニングが消えました。

Class names should begin with an uppercase character (rule: Code Style-ClassNamingConventions)

該当箇所:public with Sharing class testClass {

修正案:public with Sharing class TestClass {

上記の修正案によって、該当ワーニングが消えました。

Use one statement for each line, it enhances code readability. (rule: Code Style-OneDeclarationPerLine)

該当箇所:integer a, b, c = 0; 

修正案:

integer a;        

integer b; 

integer c = 0; 

Validate CRUD permission before SOQL/DML operation (rule: Security-ApexCRUDViolation)

該当箇所:User u = [Select id from User Limit 1];

修正案:

ログインユーザについて「ユーザ」オブジェクトについて参照権限付与を確認する。

投稿者: kinkun

保有資格 Salesforce Certified Platform App Builder T Salesforce Certified Platform Developer I Salesforce Certified Platform Developer II Salesforce Certified Administrator

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です